笑顔の女医

うつ病の症状は早めに発見しよう|症状からわかる病気について

ストレス社会の宿命

下を向く女の人

なんだかやる気がでない

なんだか気分が落ち込んで仕事をやる気が出ないなんていうことがありませんか。原因不明でそんな状態が2週間以上も続く場合うつ病かもしれせん。絶え間ないストレスにさらされる現代社会ではうつ病は身近な病気であり、近年その患者数は増加傾向にあります。心や体にその症状が現れても数値化できない場合が多いため見過ごしがちになることも多いのですが、うつ病は専門的な治療が必要な病気なのです。自分では原因がよくわからないが、精神的に苦しい状態が一定期間以上続き、やがてその症状は身体の健康にも影響し普段の生活や仕事も滞るようになります。原因はいろいろと考えられますが、脳の中の情報伝達物質が減ってしまうために起きていると考えられています。以下に挙げるような症状が2週間以上も続く場合うつ病の可能性があります。まずは自分の状態を客観的に判断し、自分がその症状に当てはまる場合は医師の診断を受けるようにしましょう。軽度の場合は十分な休養とストレス発散などの対処で対応が可能ですが、それでは済まない場合投薬や入院の処置が必要になります。

チェックシートで判定

以下は典型的な症状になります。ほとんど一日中気分が沈んでいて抑うつ状態にあったり、今まで興味を持っていたものに興味や喜びを感じなくなります。対人関係も疎ましく感じられ、体も疲れやすくなり活動性が低下します。休日の外出や体を動かすことが億劫になったりします。このような症状がみられる場合は軽度のうつと判定されます。さらに以下の症状が現れると中度、または重度のうつ病と判定されます。集中力や注意力が低下し、以前からやっていた仕事や家事がこなせなくなります。自分に自信が持てないとか価値がない、自分には関係がないことに対して申し訳ないと罪悪感を感じて自分を責めるようになる。わけもなく不安感が増し将来に悲観してしまう。自殺願望が強くなる時期があり、自傷行為を起こす、といったことです。体への症状としては不眠、食欲不振、全身の倦怠感、肩こり・頭痛といった身体の痛み、めまい、下痢や便秘といった胃腸症状が現れてきます。重度のうつ病になり自殺の危険があったり身体の衰弱がみられる、または現在の生活環境では改善の見込みがない場合などは入院の必要が出てきます。インターネット上でうつ病の症状のチェックシートが閲覧できるので、それを参考にして結果を医師へ伝え治療に役立てましょう。