ナース

うつ病の症状は早めに発見しよう|症状からわかる病気について

ストレスと生活習慣

頭を押さえるレディー

うつ病の症状は様々ありますが、共通して自尊感情の低下があります。それに加えて気力低下や食欲減退、疲労感などの症状があります。もし2週間も続くようなら心療内科・精神科の受診をお勧めします。うつ病を未然に防ぐためには、生活習慣に気を付けることが大切です。規則正しい生活や運動、人間関係を心がけて生活しましょう。

Read More

心と体の不調

病院

見過ごされやすい体の不調

うつ病というと抑うつ状態などの精神の状態のみがクローズアップされがちですが、体の不調もうつ病の症状であることがあります。 例えば、眠れない、朝目覚ましがなる前に目覚めてしまうといった様々な睡眠障害もうつ病の症状の1つです。更には、食欲の低下や増加及び疲労感や倦怠感、頭痛や肩こり、四肢の関節の痛みといった症状もうつ病が原因で起きている可能性があります。これらの症状で病院に行き検査をしても、身体的な異常は何処にも見られず、何件かの病院を渡り歩いた上で、ようやく精神科に辿り着きうつ病であると判明するケースも少なくはありません。実際のうつ病の患者さんの約半数は内科など別の科の診察を受けた後に、精神科などを受診するに至ったというデータもあるほどです。また高齢者のうつ病においては、イライラする、落ち着きがなくなるなどの焦燥感の症状が強くみられるケースがあり、これにより診断が遅れるという場合があります。これらを防ぐためには、まず家族や近くにいる人間が気付いてあげられるような環境作りが重要となるでしょう。またこれまで以上に、医師や各病院の連携の強化も必要です。

なぜ体が不調になるのか

では、精神疾患であるうつ病の症状が体にも出るのは何故なのでしょうか。これには、心と体の密接な繋がりが影響しています。例えば人間は心配事があれば、お腹がキリキリと痛んだり、緊張すれば胸がドキドキしたりします。これらと同様に精神的に落ち込めば、体も不調になるのです。当然といえば当然のことですが、当事者になってみると体の諸症状から精神疾患を疑うのは非常に難しいのです。 また、うつ病は心に不調をきたすだけでなく、神経やホルモン、免疫などに影響を及ぼすと考えられています。これらの症状が複雑に絡み合った結果として、心身に様々な症状が現れるとされており、これを心身相関と呼びます。 更にうつ病になると不安になりやすく、物事を必要以上に悪くとってしまうという傾向が見られます。普通だったら見過ごしてしまうような体の不調が、大きなことに感じられるというケースもあるのです。どの病院に行っても原因が分からず、改善しない体の不調でお悩みの方は1度精神科を受診してみることをおすすめします。病院では薬物療法や精神療法などを用いて、うつ病を克服する治療を提案してくれます。

気分が沈み憂鬱になる

男性医師

うつ病の一番特徴的な症状は、抑うつ気分と意欲の低下です。何をやっても面白くなく、悲しくつらい気分に支配され、死んでしまいたいと考えることもあります。また、精神症状ではなく身体のさまざまな不調として現われる場合もあります。うつ病の症状をチェックしてみて思い当たることがあればすぐに受診しましょう。

Read More

予防と対処法は何か

カウンセリング

うつ病にはいろいろな症状があり、個人差が大きいですが、主に精神的な症状と身体的な症状があります。うつ病の可能性を感じたら、ぎりぎりまで我慢しないで、できるだけ早めに病院で受診しましょう。早めに治療を始めることが、早期回復につながります。

Read More

ストレス社会の宿命

下を向く女の人

うつ病は現代のようなストレスの多い社会では身近な病気ですが、自分でうつ病の症状を客観的に判断することが困難です。客観的に判断するために症状のチェックシートを参考にし、自分にあてはまることが多ければその結果を持って医師の診察を受けましょう。

Read More

社会問題となっている病気

相談

うつ病は心の病ではなく、脳のエネルギー不足によって引き起こされる病気です。症状によって、大うつ病性障害、気分変調性障害、双極性障害、統合失調感情障害の4つに分類されます。うつ病で最も大切なのは周りからの理解を得ることです。広く知られるようになったとはいえ、まだまだ課題があるとされています。

Read More